尿酸値の上昇が原因で起こる痛風の関節への初期症状とは?

痛風は痛みが出るまでは自分で変化に気づかないことが多いです。血液検査を受けて尿酸値が7.0mg/dlという数値を越えていれば高尿酸血症で治療が必要になりますが、そういう検査を受けない限りは自分で症状に気づくことはありません。
ただし、痛風にも初期症状というのがあります。
足の親指(片方が多い)が急に赤く腫れ上がり、痛みが出て3日くらいすると自然に痛みが消えることがあります。これは発作が出ている可能性が高いです。病院に行かなくても痛みは時間とともに消えていくので、それで治ったと思い込んでしまいがちですが、放置してしまうと発作が頻発するようになり、さらに足の親指の付け根以外にも症状が広がっていきます。
初期段階の関節炎は7割以上が足の親指から起こりますが、それ以外に足首、くるぶし、手首の付け根、手首などに痛みが生じることもあります。足の親指以外だからといって痛風ではないというわけではないので注意しましょう。ただし、手首など上半身に症状が現れるのはかなり珍しいです。
痛風発作が起きているときは関節炎が起きている状態なので、患部が腫れます。さらに人によっては発熱を伴うこともあります。関節痛と発熱はインフルエンザに見られる症状で間違いやすいですから、わからない時には内科を受診しましょう。
初期症状でも、発作を繰り返しているとその度に患部の腫れがひどくなり、関節が変形したり壊れていくこともあります。発作は下半身に症状が出やすいので、足首や膝などの関節にまで腫れと痛みが広がってしまうと歩行困難になってしまう恐れもあります。
痛風の原因となるのは尿酸が増えることです。尿酸は細胞が壊れた時やエネルギー代謝が起こる過程で生まれる廃棄物で、本来であれば余分なものは尿や汗と一緒に体外に排出されます。しかし、何らかの原因で尿酸値が高くなってしまうと高尿酸血症という病気になります。
この症状が怖いのは、全身に悪影響を及ぼす恐れがあるところです。尿路結石、腎障害、高血圧、動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞といった命に直接関わる病気のリスクを高くしてしまうので、早めの治療が大切です。
治療の基本は食事療法と生活リズムの改善、運動習慣をつけること、といった生活習慣の見直しです。特に食事は制限食が必要になる可能性があります。
初期段階で気づくことができれば治療の選択肢も増えるので、違和感を感じたら放置せずに内科を受診するようにしましょう。