痛風に良い食品とプリン体が多くて悪い食べ物とは

 

痛風に良い食品とプリン体が多くて悪い食べ物とはプリン体は体内で尿酸へと変わる物質のことで多くの食品に含まれています。痛風の治療は食事療法が主なので尿酸値が高めの人は1日400mgが目安でプリン体の摂取制限が重要で、食事から摂取されると体内で最終的に尿酸に代謝されて尿酸プールを増やします。

 

痛風に悪い食品は鶏肉や豚肉、牛肉のレバーや煮干しや鰹節、干ししいたけ、いわしや味など魚の干物やするめ、白子やアンコウの肝、マイワシやカツオ、車えびにさんま、マグロ、魚介類や肉類を食材とした鍋物の煮汁などです。
良い食品でプリン体が少ないものは、米やうどん、そばやパンなどの穀物類、鶏卵や果物、野菜やイモ類、にんにくにしょうが、昆布やひじき、わかめなどの海藻類、豆腐やチーズ、焼きかまぼこにソーセージなどです。

 

また尿をアルカリ性にする食品はわかめやひじき、昆布、ほうれん草やごぼう、にんじんにキャベツ、アスパラやかぶになす、サトイモやさつまいも、じゃがいも、メロンやバナナにグレープフルーツ、干ししいたけやにんにくに大豆です。
アルカリ性の食べ物の中にはプリン体が多い食材もあります。

 

食べ物以外にも水を毎日飲んで尿酸値を下げることも大切です。尿酸を排出するために1日2リットルの排尿を水分補給で促します。結晶化する前に尿として排出させます。医師もたくさん水分を摂るように言いますし、痛風改善では基本です。特別に水分摂取制限がある以外は水をたくさん飲むように心がけましょう。

 

尿酸値を下げる効果がある成分だと、加熱したにんにくのアホエンには尿酸を下げる働きがあります。アメリカンチェリーも尿酸値を下げて炎症を緩和させるアントシアニンンが含まれています。
海藻類も尿酸生成のための酵素の活性化を弱くする働きがある葉酸が豊富です。食べ物以外でもサプリメントなどで改善に有効な成分を取り入れるのもおすすめです。

 

間違っている食生活が原因で尿酸値を上げる人も多く、高い人は食べ過ぎや食べる時間がばらばらだったりと乱れがちです。尿酸値を下げるには食事に注意することが大切で食べる量と食べ物の種類を見直したほうが良いです。
食べ過ぎだと肥満になりやすく、それが原因で尿酸値が上がることもあります。肥満だと尿酸値が高いことが多く、尿酸値が高い人は肥満の人が多いです。最近は内臓脂肪も関係していることがわかっています。

 

他にも朝食や昼食を抜いて夜だけたくさん食べたり、食事時間が毎日決まってなくて偏食が多いと尿酸値が高くなります。飲み会などのシメでラーメンなどを食べる人も多いですが、痛風や健康でも肥満の原因になるので控えたほうが良いです。